Forget-me-not

--/--(--) --:--    スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

02/22(木) 23:28    『風林火山』その二

 『風林火山』、面白いです。
 2月の勘助は、武田、今川、北条全てであるていどは認められながら、「でも、イラネ」と言われて、真田で遂に拾われます。
 その領袖とのやりとりが、またそれぞれの勢力で違っていて面白い。
 武田の板垣は誠意。
 今川は侮蔑。
 北条は危険視。
 真田は使いこなしてやる気。
 どこでも間者には雇ってやると言われつつも、言った方放置プレイで勝手に放浪始めちゃう勘助もステキ。

 どうしてこんなに武田を恨む勘助が信玄に仕えるようになるのか、とても楽しみです。次回の武田VS真田でその端が開かれるのか!?
 最初の頃は口ばっかに見えていた勘助が、実際に剣術も軍才も発揮し始めてきており、いよいよ花開くかという期待に旨が高鳴ります。
  1. 名称未設定_7
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

02/01(木) 22:16    『風林火山』インプレッション

 例年通り大河は最初から観ています。
 今回、主人公のダラダラ幼少時がなく、しょっぱなからドラマが動いている感じがとてもいいです。
 大言壮語を吐いては家族にいいとこどりされて命を狙われる主人公など、全体的に翳りがあるのも好きです。
 あと、オープニングもいいですね。馬を主体にした表現がとてもスマート。余計な筋肉はなく、ただ敵を倒すための筋肉があればいい、という感じかな。ブルースリーに近いイメージ(笑)。さすが武田最強騎馬軍団。
 コマ止めを多用するのもなんだか昔の演出っぽくて、郷愁漂う。
 最近頭の中をオープニングがリフレイン気味。
 全体的に、前時代的で男臭いですね。

 登場人物では、すげえかっけぇ! と思ったのが、宍戸開演じる原虎胤。まじでかっこいいんだこれが。信長の野望の顔グラに採用されそう。
 信玄がどうも軽い感じで気持ち悪いんですが、若い演技をわざとしてるのかな、ということで静観。
 一年楽しめそうな大河です。
  1. 名称未設定_7
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

12/12(火) 00:22    ★☆☆☆☆『トゥモローワールド』

 半年ぶりぐらいに映画館で映画を観ました。
 わりかしつまんなかったです。
 子供が生まれなくなった近未来という設定に意味はあったのか!?
 かつ目せよ! って感じです。
 意味わかんないですね。
  1. 名称未設定_7
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

12/06(水) 00:07    功名が辻

 『功名が辻』、10本くらいたまっているのを一気に観ています。
 いやぁ、やはり大河は終盤だ。
 素晴らしい展開。山内家は信長~家康時代全てを描くため、一話一話がとても凝縮している。後半は山場ばかりだ。

 秀吉末期~関ヶ原まで観ましたが、息つく暇もない盛り上がり感。
 やはり石田三成はいいおとこだった。。
 西田敏行の家康もかなりいいね。
 関ヶ原から帰って再開した一豊と千代をみて、こういう夫婦になりたいものだ、と思った。
  1. 名称未設定_7
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

11/23(木) 20:10    SAMURAI7

 友人から最終話辺りをもらって、やっと最後まで観る事ができました。
 都を倒すというラスト1/3のエピソードは蛇足だと思ったけど、やっぱり最後は盛り上がりました。
 特にキクチヨの死にはホロリ。一度死んだ! と悲しませておいて復活、で、再度斃れる、という二段オチはキクチヨファンには酷ですよ;; 特にコマチが可哀想でした。
 あと、相変わらずキュウゾウの野伏切りまくりカットは美しかったです。
 カツシロウは必ず生き残ると思ってたけど、成長した姿で師に認められるラストは予想通りで非常に満足でした。
 けど、さみしいよねえ。墓4つ。
  1. 名称未設定_7
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

08/26(土) 11:37    ★★★★☆ 宮崎吾朗『ゲド戦記』

 世間で酷評されていたのを見聞きしていたせいか、思っていたより満足感が強かった。
 いつに似ず、無欲に映画を観たせいかもしれない。「この展開はああなるはずだ」とか、自分の希望というものを作品に押し付けずに、表出しているまんまを受け取れた。
 結果、「本当に素直な作品」という感想を持った。
 童話とか、紙芝居みたいなものだ。
 なんだ、全然おもしろいじゃん。

 それにしても、岡田准一の演技の上手さにはびっくりした。もともと注目している俳優だったが、ますますその度合いを高めた。対して、菅原文太のセリフには違和感があった。

 なんにせよ、私は世間とは逆の感じをこの作品から受けたようだ。
  1. 名称未設定_7
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

06/11(日) 01:58    ☆☆☆☆☆ 山本清史『水霊』

 満足度、自分史上初の0点をつけてみました。
 物事の悪い面ばかりを書かないように心がけているつもりなのですが、、、
 今回ばっかりはケッチョンケッチョンに行きます!!
 多分観る人も少ないと思いますが、ネタバレありなんでご注意。ただし、原作のネタバレはしてません。あくまでも映画だけ。


 そんなわけで、待ちに待った『水霊』(ミズチ)。
 今日見てきたんですが、「あれ? 6月頭に公開始まったのに、1週間でもう軒並み公開終了してるんだけど?」という異常事態に……観て納得。

 バッカじゃねーの!! なんでこれが『水霊』なの?? 意味わかんねーんだけど。ミズチを映画化するって、ミズチが面白いから映画化すんだろ? 全然違う話にして、なんの意味あんの?
 「原作を映画化することについて」と表して、鑑賞中に延々と考察を巡らせてしまったほど、この映画化は奇怪だ。全国5000人のミズチファン(だとうなすうじ)は怒号を発しているに違いない。
 そりゃ、全然別物になってたっていいんだよ。その作品をかたちづくる決定的なポイントが一緒であれば。ストーリーの核とか、面白さの核がね。
 だがどうだ、このミズチ。

 原作と主人公ちげーよ!
 原作で死んでない原作の主人公、のっけから死んじゃってるよ!
 (原作では「もちろん」主人公が事件を解決するので、事件後、という設定でもない)
 原作のヒロイン怪死!!
 原作で事件の発端となる、土砂崩れで現れた遺跡、主人公が気にもせずスルーした!!
 原作で事件の核となる、水に潜む寄生虫でてこねーよ!
 寄生虫の仕業なんじゃね? と疑って、「死んでもいいから俺の体を解剖してくれ!」と言って己の体を差し出した渡部篤朗の体からは何も出ず、物語上何の意味もなく、犬死に!!
 主人公も何にもできず、気が狂って自殺!
 事件はなにも解決せず終了!
 なにが事件を起こしているのかすらわからず終了!

 結局、「どうやら水を飲んだ人が発狂して死んでいくらしいと私は思っているが、どこの水源がおかしいのか、なにがそれをひきおこしているのか、全くわからなかったね!」と主人公が表現している映画。

 はっきり言って、映画のジャンルが全く違うんだよ。こちらは完全にホラーで、しかも感覚系の、結末もなくて居心地悪い感じのホラー。
 対して原作は、もっとロジカルで、結果には必ず原因があり、謎を解いていきながら、行動によって着実に事件の核心に迫っていくタイプの、伝奇エンターテインメント。
 面白いわけがないんだよね。面白いとかの映画じゃないんだから。
 まあ、ミズチが原作だってことをさっぴいても、酷い映画だったんでこんなに書いてるわけだけど。
 『呪怨』+『リング』のパクリ。って一言で終了。監督、またはプロデューサーは、同じ柳の下を狙ったのかね……。
 水で人が発狂するって設定にインスパイアされちゃったけど、、それだと「ミズチのパクリだ!」って非難されそうだから、ミズチを映画化ってことにして、好きなように作っちゃおうぜ!
 って、自分で書いてて言いすぎと思ったけど、実際そうな気がするぐらいの映画化ぐあいです。
 まあ、映画化で原作より満足する原作ファンはそうはいないでしょうが、この爆発級のフラストレーションはもう一度原作を読まずにはおさまらない。おさめられねえぜこの俺は!!

 乱文失礼致しました。

#毎日のようにミズチの記事にだけ超スパムが来るのは何かの呪いだろうか
  1. 名称未設定_7
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

03/05(日) 23:13    ★★★☆☆ スティーブン・ギャガン『シリアナ』

シリアナ
 複雑やったぁ……。
 最初から最後まで集中して観ましたが、わからないことが多かったです。とくに顔と名前が覚えられなかった人とかいたので余計わからなく。
 観ている最中、「とにかく高度な映画を観ている」という意識の高まりが凄かったです。面白いというわけではないのですが、知的なエッセンスの中に身を置いている感じというか……。
 CIA諜報員、司法省、弁護士、石油会社、労働者、イスラム教、アラブ王族、、とにかくごったまぜで、みんなつながってる、世界が動く理由が凝縮、といった内容で、2度は見ないと完全に理解するのは厳しいでしょう。
 でも『ミュンヘン』のような重さはない(と思われる)。ちょっと対象から距離を置いているような後味でした。
 社会派の人はめっちゃ面白いのではないかと思います。
  1. 名称未設定_7
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

コンテンツ

リンク

プロフィール

ますひろ

管理者:ますひろ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ検索

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

RSSフィード

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。